1. HOME
  2. ブログ
  3. いますぐ着たい秋冬の装い

いますぐ着たい秋冬の装い

余呉紬(よごつむぎ) 草木染 手織着尺

 滋賀県北部の余呉地方で座繰りの糸を使って織られた真綿紬です。軽くてふわっとした着心地がなんとも魅力的です。染上がった糸(経糸)を吟味しながら並べることで、しなやかで重厚感あふれる味わい深い表情が生まれます。帯合わせによって、街着からおでかけまで幅広くお召いただけます。どうぞ「自由なコーディネート」をお楽しみ下さい。

すくい織九寸なごや帯『葡萄唐草鳳凰文』  桝蔵 順彦

 撚金糸を使用した高級感漂う帯地でありながら、どこかしら趣のある名古屋帯です。すくい織で織りなす格式高い文様とカラフルな色味の絶妙なバランスが独特の雰囲気を醸し出しています。今回合わせた余呉紬色無地の他、小紋、一つ紋付色無地、軽めの付下げなど幅広くお締めいただけます。なんとも不思議な帯です。

お召の帯揚げ『七宝つなぎ』 渡敬

 染の帯揚げが多い中、先染糸を使用した非常に珍しい「お召の帯揚げ」です。適度な張りがあり固めの存在感が凛とした着姿を整えます。今回は色無地紬に高級感ある名古屋帯のコーディネートですので、あえてお召の帯揚げを合わせ格を醸しだしました。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事